三浦春馬さんの遺書がついに公開された…。「僕の人間性を全否定するような出来事があり…」笑顔の裏にある彼の悲しい真実とは… - BUZZBUZZ-net

話題

三浦春馬さんの遺書がついに公開された…。「僕の人間性を全否定するような出来事があり…」笑顔の裏にある彼の悲しい真実とは…

 

三浦春馬さんの死後、彼の死には色々な説が考えられていたが、遺書が公開されその心中が明らかとなった。

 

 

「僕の人間性を全否定するような出来事があり…」

三浦春馬さんが遺書の一部が公開された。その内容は彼の苦悩や孤独による鬱状態であったことが記されていた。

俳優の三浦春馬さん(享年30)が、18日に港区内の自宅マンションで亡くなってから10日余り。自室に残されていた手帳には“遺書”のような走り書きのメモがあったというが、その内容の一部が明らかになってきた。

<散る運命を背負いながら、家族の前では気丈に振る舞おうとする気持ちを考え胸が痛んだ>

 手帳には、8月15日放送予定のNHKドラマ「太陽の子」で、仲間の死を前に生き永らえ苦悩する神風特攻隊員の役柄と自分を重ね合わせた記述があったと発売中の「週刊文春」が伝えている。そこには<僕の人間性を全否定するような出来事があり、たちまち鬱状態に陥り、自暴自棄になった>など、三浦さんが数年前から精神的な葛藤にさいなまれていたことが分かる記述もあるという。

 死への願望は、約5年前、実母と絶縁した後、3年ほど前から目覚めたようで、その際には<当時は鬱状態から抜けられなかった。どう死のうかと考えていた>。2018年には、20年ぶりに母と別れていた実父と再会を果たすのだが、その際にはこうつづられている。

<自分は死のうと思っていた。でも、なぜか会ってみようと思った>

<母と離婚した理由を教えてくれた>

<実父との再会が人生を見つめ直し、自分と向き合うきっかけを教えてくれた>……。

 記述からは、人知れず思い悩んでいた様子が見て取れ、それに彼の家族関係が関係していたことは推察できるのだが、決定的な“辞世の句”が記されているわけではなく、直接的な動機は不明のままだ。ワイドショー芸能デスクはこう語る。

「鬱状態でいろいろ孤独や葛藤を抱えていたようですが、それをひた隠しにして、直前まで収録をこなしていた中で、なぜ突然心が折れて死を選んでしまったのか。やはり何らかのきっかけがあったのではないか」

 爽やかな笑顔の下で、人知れず苦悶を抱えていた三浦さんは、それを周囲に明かすこともなく逝ってしまった――。

引用元:Yahooニュース

実の母とは5年前から絶縁をし、その2年後には死を意識し始めていた。彼の家族関係は非常に複雑である事は以前から騒がれていたが、やはりそのことは今回の死の原因一つだったのかもしれない。

関連記事
三浦春馬さん「お母さん、役者を辞めて地元で農業をしたい…。」⇒母が返した言葉は息子より金だった。その悲しすぎる一言に胸が苦しむ。もし優しい声を掛けていれば……

続きを見る

関連記事
三浦春馬・母親、直傳霊気という宗教団体で活動していた?毒親だった?「三浦春馬家族は想像以上に複雑だった…」

続きを見る

「散る運命を背負いながら、家族の前では気丈に振る舞おうとする気持ちを考え胸が痛んだ」

「僕の人間性を全否定するような出来事があり、たちまち鬱状態に陥り、自暴自棄になった」

「当時は鬱状態から抜けられなかった。どう死のうかと考えていた」

「自分は死のうと思っていた。でも、なぜか会ってみようと思った」

「母と離婚した理由を教えてくれた」

「実父との再会が人生を見つめ直し、自分と向き合うきっかけを教えてくれた……。」

非常に長い間鬱状態で深い暗闇の中にいたようですね。だれにも助けを求めることが出来ず、最後には自ら命を絶つしかなかったのでしょう…。非常に心苦しいです。

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.