自分のせいで妻に離婚を迫られ泣きつく70代男性、対する先生のパーフェクトな返しがこちら… - BUZZBUZZ-net

新聞

自分のせいで妻に離婚を迫られ泣きつく70代男性、対する先生のパーフェクトな返しがこちら…

「熟年離婚」近年よく耳にする言葉となりました。

1980年頃には離婚全体の8%程だった割合が、ここ数年では20%程にまで増え、実に離婚した夫婦の内、5件に1件は熟年離婚に該当するという、時代と共に増え続けていることが分かります。

そんな中、今回ご紹介するのは奥様より離婚を切り出されてしまった70代男性の話。

のんびりした余生を送ろうと思った矢先に訪れたピンチ、今までの自分を後悔しその想いから新聞記事の相談コーナー「人生案内」に相談を持ち掛けることにしました。

その時の投稿を今回ご紹介します。

 

 

 

「妻から離婚を切り出され」

相談者である70代男性は、自分でも自覚がある程の自分本位の性格で、結婚当初から気に入らないことがあれば奥様に暴力を振るっていたと言います。

その後も暴力はしなくなったものの、気の荒い性格から度々けんかになることがあり、奥様には徐々にストレスが溜まっていきました。

そしてついに限界に達し…

それでは実際の記事を読んでみましょう…

 

好き勝手やってきた相談者は、離婚を切り出されて初めて過去のことを振り返り大きく後悔・反省することとなりました。

しかし奥様の意思は固く、別れることを考えると「孤独」という恐怖とどう向き合えばいいか途方に暮れてしまい、今回相談へと踏み切ったのでした。

この相談を受けたアドバイザーである「最相葉月さん」は後悔に浸る相談者に対し、現実を再認識させるのでした。

 

辛口・最相葉月さんによる回答

最相葉月さんと言えば辛口のアンサーが有名で、この人生案内では数々の相談者を一網打尽(笑)にしてきました。

そんな最相さんは今回も凄まじいキレの回答をしてくれました。

画像

まず出たしから「身から出た錆」と厳しめの言葉で、今回の件は自業自得なことだよ。と一切の慰めはありません。

そして奥様の心の奥にある強い決意を代弁し、もう別れるしか選択はないのだから、せめて最後ぐらいは困らないように財産分与はしっかりやりないさいと、あなたに後悔している暇はないと言わんがばかりに…

そして必ず感謝とねぎらいの言葉も忘れずに掛けることを男性へと伝えました。

いつかこの経験が自分自身の生き方を変え、支えになるというのです。

厳しくも、その場の状況をしっかりと把握した上で導き出したアドバイス、流石としか言えない回答でした。

その後の男性の行末は不明ですが、きっと目の色を変えて奥様に誠意を見せたのではないでしょうか…

誰にもでもいつ迫りくるか分からない離婚という危機、自分には「関係ない」と思っている方も是非一度自身の胸に手を当てて改めてパートナーを見つめ直してみてはいかがでしょうか…

「最相さん辛口!」「参考になった」という方は是非「いいね」いただけたら幸いです。

それではまた次の記事で…

 

※猛烈な爽快感を感じたい方だけクリックしてください(笑)

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-新聞

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.