新聞

夫の収入に不満で離婚相談を持ち掛ける妻、対する先生の正論カウンターに「よく言った」

 

読売新聞の人気コーナー『人生案内』から切れ味抜群な記事を一つご紹介します。

今回の相談者は40代女性で、夫の学歴・収入に対する不満を抱える方でした。

相談内容は夫への不満から離婚を考えているがどうしたら良いかというモノ…

しかし、この相談を受けたのは超辛口で有名なあの先生、相談者はまさかの返り討ちに遭うことに…

 

夫のせいで私の価値が下がる

相談者女性は公務員として働くキャリアウーマンで、夫との結婚生活に幸せを感じることが出来ないと言います。

その理由が、夫の学歴・収入が低く周りと比べ惨めな人生だと考えている為。

離婚をも考えているという女性は、「この想いをどうすればいいか…」と今回人生相談へと話を持ちかけるのでした…

それでは実際の記事をご覧ください。

 

子どもができてからはママ友との間に生活レベルの格差があり、自分のプライド的に今の旦那と一緒にいると不満が溜まる一方と話す女性。

離婚をしたいとも考えてはいるが、いざ離婚をしても更に生活が苦しくなるので迷いもあるともこぼします。

そして、この相談を受けたのは、あの超辛口で有名なあの最相葉月先生だったのでした…

 

辛口・最相葉月さんによる回答

最相葉月さんと言えば辛口のアンサーが有名で、人生案内では数々の相談者を一網打尽(笑)にしてきました。

そんな最相さんは今回も凄まじくキレキレな回答をしてくれました。

 

「離婚されたらよろしいんじゃないでしょうか。」

 

と自己中心的で身勝手な女性の意見に完全に呆れかえった様子。

そして…

 

「ご主人も同じことを考えていますよ。」

「人の見る目が無かったと、今頃反省されていることでしょう。」

 

と学歴や収入で人を判断している相談者がいかに愚かであるかをグサリと一言。

しかし、厳しい言葉だけではないのが最相先生、最後には

 

「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない」

 

と星の王子さまのワンシーンを出し、一度読むことを勧め

 

「離婚はそれから決めても遅くない」

 

と優しく諭します。

この言葉で少しは目が覚めたのかもしれませんね…

 

対する世間からは…

  • うちだって建売どころか賃貸です。旦那も給料安くても真面目に働いてくれて感謝しています
  • いざとなれば離婚すればいいと思って結婚…不幸を派生する女。
  • 価値が下がってるんじゃない、元から無いだけだ
  • 今年出会った一番爽快な文章かも知れない。

 

 

■引用元ツイート

 

本当に心に刺さる文章でした…

「先生ナイスアンサー」と思った方は、是非「いいね」いただけましたら幸いです。

それではまた次の記事で…

 

※猛烈な爽快感を感じたい方だけクリックしてください(笑)

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-新聞

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.