新聞

元彼の訃報を悲しむ女性、想いを先生に相談するも返されたのはまさかのカウンターだった…

 

恋人との別れ、それは本当に辛いモノです。

人によっては「あの時こうすればよかった…」と後悔の気持ちを引きずってしまうことも…。

今回ご紹介するのは、読売新聞の大人気コーナー『人生案内』に寄せられた元彼の訃報を聞き悲しむ女性のお話。

昔の彼氏だけど、亡くなってしまったことに悲しんでいるという相談者、しかしそんな相談を受けたのはまさかの辛口で有名なあの先生だったのでした。

壮絶すぎる相談、是非ご覧ください。

 

別れた彼が亡くなった

相談者は20代の女性、以前お付き合いをしていた男性が亡くなってしまったことを知り、深い悲しみと後悔に押しつぶされそうになっていると相談を持ち掛けます。

それでは実際の相談をご覧ください。

お互いの未来の為で本当は別れたくはなかった、気持ちが無くなったわけではなかった…。

そんな矢先の訃報に酷く悲しみ、また後悔と自責の念い押しつぶされそうだと言う女性、その想いをどうにかしたいと助言を求めるのでした…

しかし、相談を受けたのは超辛口で有名なあの最相葉月先生だったのでした。

 

辛口・最相葉月さんによる超強烈で冷静な回答

最相葉月さんは、これまでにも「人生案内」では多くの相談者を一網打尽(笑)にしてきた辛口で有名なアドバイザーです。

そんな最相さん、今回もキレキレな回答で相談者ぶった切ってしまいました。

それではご覧ください…

 

今の時代、会えなくても気軽にテレビ電話をする事も出来るし、会う気になれば週末を使えばよく、単に気持ちが離れてしまったことのいいわけに過ぎないと切り出します。

また、彼の訃報を聞いたこの場においても自身の楽しみや将来のことを考えている姿に

「自己中心的で鈍感な人」

と厳しい言葉を掛けたのです。

一見厳しすぎる回答ですが、一つ一つの言葉は正論で、人生の路頭に迷っている彼女を救うためには必要な言葉だったのでしょう。

そんな厳しい最相先生ですが、最後には

「涙は拭いてあなたはあなたの道を歩むことです。」

と背中を押す優しさ、本気でアドバイスをしようと姿勢見せてくれました。

とにかく的確で迷いのないドストレートな回答、きっと相談者女性の心に響いたことでしょう…

 

「辛口すぎ」「最相先生強烈すぎ」と思った方は是非「いいね」いただけましたら幸いです(笑)

それではまた次の記事で…

 

※猛烈な爽快感を感じたい方だけクリックしてください(笑)

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-新聞

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.