【奇跡の実話】死を待つ6,500人の赤ちゃんを救ったニセ医者の物語・・・ - BUZZBUZZ-net

感動

【奇跡の実話】死を待つ6,500人の赤ちゃんを救ったニセ医者の物語・・・

これは本当にあった奇跡の話です。

 

物語の主人公はマーティン・カウニーという男。彼は医師免許を持っていないただの一般人だったが、死を待つしかない赤ちゃんを6,500人以上も救ったのでした・・・

 

それは1930年代の小児医療に革命を起こし、以降の価値観が大きく変わった出来事でした・・・

 

マーティンが救った赤ちゃんは・・・

マーティンが救った赤ちゃんはただの赤ちゃんではなく、未熟児の赤ちゃんでした。

 

未熟児とは・・・

未熟児とは、早産などで出生時の体重が2000g未満もしくは生活能力が特に薄弱の低出生体重児のことである。

Wikipedia(未熟児)

1930年代に生まれる未熟児といいますと、この世にそぐわない子として病院では何も手を施してはくれず、そのまま死を迎えるしかありませんでした。

 

「今でこそ「超未熟児」の育児に成功!」なんて話も聞きますが、この時代では一切生きる余地は無かったのです。

 

そんな未熟児を助けるべくマーティンは立ち上がりました・・・

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

次のページへ >

-感動

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.