【ついに】上級国民・飯塚幸三ちゃん、嘘がバレて人生終了へ… - BUZZBUZZ-net

話題

【ついに】上級国民・飯塚幸三ちゃん、嘘がバレて人生終了へ…

 

「池袋自動車暴走事故」で死亡事故を起こした罪に問われ裁判に掛けられた上級国民・飯塚幸三氏、この事故の一番の重要事項であるアクセルとブレーキの踏み間違いの可能性についてだ。

ついにその真実に迫る証言を得ることとなった。

 

上級国民・飯塚幸三氏、ついに嘘がバレてしまう

89歳の被告が東京 池袋で車を暴走させ、死亡事故を起こした罪に問われている裁判で、事故の目撃者3人の証人尋問が行われ、全員が「ブレーキランプはつかなかった」と証言しました。
旧通産省の幹部だった飯塚幸三被告(89)は、去年4月、東京 池袋で、車のブレーキとアクセルを踏み間違えて歩行者を次々とはね、松永真菜さん(31)と、長女の莉子ちゃん(3)を死亡させたほか、9人に重軽傷を負わせたとして、過失運転致死傷の罪に問われています。

東京地方裁判所で開かれた2回目の裁判では、現場付近で車やバイクに乗っていて事故を目撃した男性3人が証人に呼ばれました。

このうち、車を運転していた男性は「左側から車に追い越され、自転車の人をはねたのを見た。衝突するまでブレーキランプはつかなかった」と証言しました。

また、バイクを運転していた男性は「信号が赤だったのに、車が交差点に進入して行った。縁石に当たっても、速度は落ちなかったので、アクセルを踏んでいるなと感じました」と述べました。

証人の3人はいずれもブレーキランプはつかなかったと証言しました。

被告は初公判で、車の異常で暴走したとして無罪を主張していて、3日の法廷では下を向いて証言を聞き、時折メモを取っていました。

裁判のあと、死亡した松永真菜さんの父親の上原義教さんは「事故の様子の証言を聞いて、娘は痛い思いをしてつらかっただろうと、残念な思いでした」と話していました。

 

全員が「ブレーキランプはつかなかった」

 

「左側から車に追い越され、自転車の人をはねたのを見た。衝突するまでブレーキランプはつかなかった」

 

「信号が赤だったのに、車が交差点に進入して行った。縁石に当たっても、速度は落ちなかったので、アクセルを踏んでいるなと感じました」

今まで散々「ブレーキの故障」が原因と言ってきた上級国民、これはもう言い逃れできない状況になってしまいました。

今後の判決が非常に気になるところです。

上級国民は逮捕されない構図、いよいよ崩壊するときが来てしまったのでしょうか…

 

上級国民 飯塚幸三ちゃん、さりげなく前科ありだった

続きを見る

【悲報】不祥事もみ消し、上級国民・飯塚幸三のWikipediaから池袋事故の情報全削除、功績だけを残し編集不可にされる

続きを見る

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

あなたにおすすめ

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.