【悲報】元死刑囚、死刑執行後ありえない事態に… - BUZZBUZZ-net

話題

【悲報】元死刑囚、死刑執行後ありえない事態に…

元死刑囚が、死刑執行後に信じられない事実が明らかになったとして話題を呼んでいます。

実は死刑囚は無罪だったのです。

果たしてそのありえない展開とは…

 

 

 

【悲報】元死刑囚、死刑執行後にありえない事態に…

(CNN) 米アーカンソー州で2017年4月にリデル・リー元死刑囚(殺人罪で有罪)の刑が執行された件をめぐり、殺人に使われた凶器から別人のDNAが見つかったことが分かった。リー元死刑囚は最期まで無実を訴えていた。

リー元死刑囚は1995年に死刑相当の殺人罪で有罪を言い渡された。その2年前、当時26歳のデブラ・リースさんが首を絞められ、小型の木製バットで殴られて遺体で見つかる事件が起きていた。

リースさんの隣人数人は調べに対し、リー元死刑囚がそばにいるのを目撃したと証言。ただ、元死刑囚一家の代理人が提起した訴訟では、「リー氏と被害者殺害を直接結びつける物証は存在しない」と主張していた。

リー元死刑囚は刑執行前に英BBCの取材に応じ、「私の最期の言葉はこれまでと同じで常に変わらない。私は無実だ」と語った。

死刑執行から4年。元死刑囚一家の弁護チームは、凶器から別人のDNAが見つかったとしており、有罪判決をめぐる新たな疑問が浮上している。

元死刑囚の弁護人を務めるリー・ショート氏はCNNの取材に、「これらの調査結果が死刑執行前に出ていたら、彼はまだ生きていただろう」と話した。

人権団体イノセンス・プロジェクトや米市民自由連合などに所属する元死刑囚一家の弁護人は今回、殺害に使われた木製バットの取っ手についてDNA検査を行うよう依頼した。

そして先月、身元不明の男のDNAが検出されたとの結果が出たという。

弁護チームはまた、現場で見つかり、裁判でリー元死刑囚に不利な証拠として提示された髪の毛6本のDNA検査を依頼。検査の結果、6本のうち5本についてリー元死刑囚のものである可能性が排除されたという。

引用元:Yahooニュース

リー元死刑囚は刑執行されるまでの間、無実を最後の最後まで主張し続けたのだが、結果虚しく刑が執行されてしまった。

その後、DNA検査が行われたらなんと別の真犯人の男のDNAが検出されたというのです。

本当に信じがたい事件であり、リー元死刑囚の無念と言ったら…本当に辛かったことでしょう…

 

対する世間の声

>凶器から別人のDNAが見つかったことが分かった。リー元死刑囚は最期まで無実を訴えていた

科学的な捜査がまだ確立される前の古い時代の事件ならともかく、しかも無実を訴え続けていた人物を死刑台送りにしたというのは、外国の話とはいえ問題があると思います。

 

本当に冤罪で死刑執行されたのなら無念他ならない。DNAが捜査の段階で何故分からなかったのか疑問。

 

本当にありえない…
誤認逮捕し裁きに関わった人間は裁かれないのは何故なのか…道理的に考えるならばおかしな話しだよな 法の裁きとは言えども首を傾げてしまう

 

取り返しのつかない冤罪。
日本でも袴田事件と言われる冤罪事件があったね。
袴田さんは死刑にはなってないけど、四十数年間の刑務所暮しって、ある意味死刑以上の重刑とも言える。
いずれもあってはならない事だよ。

 

罪のない人が急に見ず知らずの殺人罪を着せられて、挙句死刑…

もう少しどうにかならなかったのか…疑問が募ります。

「あなたはこの冤罪どう思いますか?」

是非ご意見・ご感想お待ちしております。

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

あなたにおすすめ

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.