パリのディズニーランド、子連れ母親に対し最低な対応を取ってしまい非難を浴びてしまう… - BUZZBUZZ-net

話題

パリのディズニーランド、子連れ母親に対し最低な対応を取ってしまい非難を浴びてしまう…

パリにあるディズニーランドで園内の警備員が来客に対し失礼すぎる対応を取ってしまったとして非難の声を集めています。

果たしてその対応とは…

 

 

 

子連れ母親に対し授乳阻止

 欧州最大の観光地であるディズニーランド・パリ(Disneyland Paris)で4日、母親が人前で授乳するのを警備員が阻止する出来事があった。同園は6日、母親に謝罪した。

 この出来事は、別の女性客のツイートによって注目を集めた。女性客は、「(2人の警備員が)外国人客にショックを与えるという理由で、母親が2歳児に授乳するのをやめさせた。フランスで、2021年7月に!」と憤慨して投稿した。


 ツイートには、ベンチに座る2人の女性を見下ろすように立つ警備員2人の写真が添えられていた。片方の女性は乳児を抱いていた。別のツイートによると、母親はオーストラリア人だったという。

 ディズニーランドは6日、授乳を止められた女性に謝罪するとともに、警備員の行動は同社の規定や価値観と相いれないもので、「ディズニーランド・パリでは、授乳を制約していない」と述べた。また園内では希望する人のために授乳室も設けていると付け加えた。

 ディズニーランドは5日、最初にツイッター(Twitter)でこの件に反応した際には、授乳室があると答えただけで、謝罪しなかった。だが、男女平等・差別対策担当相も務めたことがあるマルレーヌ・シアッパ(Marlene Schiappa)市民権担当相の非難を受けて、態度を変えた。

 シアッパ氏は「親愛なるディズニーランド・パリのみなさん。授乳は気分を害するものではない。専用の部屋があるのは良いことだが、赤ちゃんがいつどこでおなかをすかせるかは誰にも分からない」と述べ、「母親に汚名を着せるようなことはしないで」と呼び掛けた。

引用元:livedoorNEWS

たった一人の警備員の対応によって大きな被害を被ってしまったディズニーランド・パリ、信頼は築くことは大変ですが、失う時は一瞬のことだということを痛感させられることでしょう…

本来一番守らなくてはならない子連れ客を敵に回してしまったことは今後の集客にも少なからず影響は出てしまうかもしれませんね…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

あなたにおすすめ

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.