話題

「コロナは終わりを迎えるかもしれない」舛添氏、持論でコロナの今後を語る…

 

前東京都知事で元厚労大臣の国際政治学者である舛添要一氏が、コロナウイルスオミクロン株に対し持論を呈し話題を呼んでいます。

 

「オミクロン株は普通の風、インフルエンザ以下」

1/9にABEMA TVで放送された番組内で舛添氏はコロナウイルスオミクロン株が普通の風邪であり、今回の株でコロナは終わりを迎えるかもしれないと持論を主張しました。

舛添氏「今までの新型コロナウイルスは肺にきて、皆が死んでしまっていた。ところが今回は肺に来ないで上気道。のどと鼻までしか来ない。我々が普通風邪を引いたときと同じ」

と言い、更にこのように続けました。

 

舛添氏「限りなく普通の風邪に近づいてきている」「インフルエンザは40度近く熱が出る。熱も出ないので、インフルよりも軽いかもしれない。データが全部集まっていないが、今の世界中のデータだと入院している人が減っている」

このコメントに対し「神経質になる必要はないのか?」と質問が飛んでくると…

舛添氏「過剰に反応する必要はないと思っている。ウイルスも生き残りたい。たくさんにとりついて、たくさん死んだら生き残れないので、死なせないようにということで肺炎にさせないようになっている。上手く行くと、これが(変異の)最後で、あとは無くなるかもしれないと期待している」

と前向きの考えを番組上で語りました。

 

このコメントを聞いた世間からは…

  • 珍しく概ね舛添さんに同意するわ。
    ウイルス自体はなくならないだろうけど、この認識をみんなが持てばその時点でコロナ禍は終わる。
  • 感染者数は急増しているものの、日本のここ数日の亡くなられた方の数は、驚くほど少ない。
  • 今日の日曜報道のアンケートでも65%が経済を回すべきと答えいる。これは今までとは完全に視聴者も考え方が逆転してる。
  • 「無くなるかもしれない」じゃなく、「無くなってほしい」が正解だと思う

 

新型コロナウイルス、世の中に脅威をもたらし早2年が過ぎました。

このような意見は賛否両論あるかと思います。

しかし、本当に普通の風邪として扱われるようになったときこそが「コロナ禍」「自粛」という言葉が無くなっていくときなのは間違い無いのでしょうね…

どうか早く前のような生活に戻りたいという思いを込め「いいね!」いただけたら幸いです。

それではまた次の記事で…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.