【訃報】ドラえもんの声優、死去 - BUZZBUZZ-net

話題

【訃報】ドラえもんの声優、死去

 

 

 

ドラえもんの声優が亡くなったとのことで、世間を大いに騒がせています。

 

【訃報】ドラえもんの声優、死去

 日本の人気アニメ「ドラえもん」のインドネシア語版で、1993年から2018年までドラえもんの声優を務めたヌルハサナ・イスカンダルさんが12日、脳卒中のため死去した。62歳。地元メディアが報じた。
 ヌルハサナさんは1982年にインドネシア国営ラジオ局(RRI)に入社。RRIでラジオドラマ制作に携わる傍ら、海外の映画やドラマの吹き替え声優として活動した。


ドラえもんは91年から、民放テレビ局RCTIで放映開始。ヌルハサナさんは93年からドラえもん役を務めた。2006年に降板した際は視聴者からの問い合わせが相次ぎ、翌年に再登板するなど長年に渡りドラえもんの「中の人」として親しまれた。現在は息子のダナ・ロビンシャさんが後任を務めている。

引用元:ジャカルタ新聞

亡くなったヌルハサナ・イスカンダルさん

 

■実際に声優をやっていた時の映像です

 

日本のドラえもんの声優大山のぶ代さんは?

大山のぶ代さんは2015年に認知症を患っていることを公表(発症は2012年に発症)、その後、長きに渡り大山のぶ代さんの介護を行っていた夫・砂川啓介さんは2017年にガンで死去。現在は、夫婦のマネージャーを30年務めた女性が、大山のぶ代さんの面倒を見ているそうです。

2012年秋、しっかり者の姉さん女房だった妻が、認知症と診断された―。
ドラえもんだった自分を忘れてしまった妻、大山のぶ代と、
妻の介護に徐々に追いつめられる夫、砂川啓介。
おしどり夫婦と呼ばれた2人の日々は、今も昔も困難の連続だった……。
全国460万人以上の認知症患者とその家族へ綴る、老老介護の壮絶秘話!

 

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.