青森へ帰省⇒玄関先にコロナ脳患者からの中傷の紙。対する被害者、既に復讐に満ち溢れた感情をテレビの前で語った…。 - BUZZBUZZ-net

話題

青森へ帰省⇒玄関先にコロナ脳患者からの中傷の紙。対する被害者、既に復讐に満ち溢れた感情をテレビの前で語った…。

 

8月の大型連休は多くの方が帰省をしたいタイミングでしょう。ただし、2020年はいまだコロナ感染拡大が留まることが無く気軽な規制もままならない状況が続いている

そんな中、青森出身の東京都民が帰省した際に近所に住む住民より嫌がらせをされたとしてニュースに取り上げられるほどの騒動となっています。

 

 

 

 

青森へ帰省⇒玄関先にコロナ脳患者からの中傷の紙の被害

■実際の張り紙

なんでこの時期に東京から来るのですか?

知事がテレビで言ってるでしょうが!!

知ってるのかよ!!

良い年して、何を考えてるんですか?この通りは小さい子も居るのです。そして高齢者もです。

さっさと帰ってください!!

皆の迷惑になります。

安全だと言い切れますか?

執筆からして年配者の方の様にも見て取れます。

 

青森市で7日、東京から帰省した男性の家に、帰省したことを中傷するビラが置かれていたことがわかった。

被害受けた男性(60代)「東京から帰ってこないでくれとかの誹謗(ひぼう)中傷は、ニュースの中でも取り上げられてはいたので、まさか青森でもそういうことが起きてるとは思ってもなかった」

東京から青森市の実家に帰省した男性が7日、家の玄関先に「なんでこの時期に帰省するのか」などと中傷するビラが置かれているのを見つけた。

男性は8月5日に帰省したが、仕事柄、PCR検査を受けていて、10日前の検査でも陰性だったという。

被害受けた男性(60代)「投げ入れた人は、『わたしが今度あなたに同じような文章を、あなたはもらったらどう思いますか』っていう気持ちは考えないのかなと」

『わたしが今度あなたに同じような文章を、あなたはもらったらどう思いますか』小学校の道徳の授業が脳裏に浮かびます。これも全てコロナによって脳が支配されコロナ脳へとなってしまったからなのでしょうか。

コロナの2次被害は予想以上に根深いものとなっています。

 

対する世間の声

  • 民度がどうとか関係なくうちも、違う県だけど親から帰ってくるなって言われてるし、こうゆうことされるの怖いから、帰省しないでいる。誹謗中傷、どこでもある気がする。
  • 被害受けた男性は「今度あなたに同じような文章をあなたはもらったらどう思いますか」っていう気持ちは考えないのかと言ってるけど
    このビラ書いた人は不要不急の帰省はきちんと守って自粛する人だと思う現実的に一概に中傷で批難することではない
  • 中傷のビラはよくないけど、帰省は遠慮してほしいわな
  • 言ってることは一理ある。だけど伝え方が悪かったね。
    あとこれを誹謗中傷と繋げるのは違うと思うなぁ。

言いたいことは一理ある。

伝え方が悪かった。

正にこれなのでしょうね。

今の日本は恐怖に支配されています。そんな世界から脱却するには人同士が協力し合わなくてはなりません。争いのない未来が訪れることを祈っています。

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.