裁判官「死にたかったら勝手に死ね!」身勝手すぎる犯罪者に裁判官が異例のブチギレ!卑劣すぎるその犯行に怒りで声が震える… - BUZZBUZZ-net

未分類

裁判官「死にたかったら勝手に死ね!」身勝手すぎる犯罪者に裁判官が異例のブチギレ!卑劣すぎるその犯行に怒りで声が震える…

 

裁判官、淡々と事実に沿って話を進めていくイメージが強いでしょう。しかし中には非常に人間味のある人だっています。

今回、被告人に対し「死にたかったら勝手に死ね!」と強烈な発言をした裁判官が話題を呼んでいます。

 

 

自殺をしようと思ったけど、せっかくだから死ぬ前に好みの女とヤろう

今回裁判に掛けられた被告人の男は自分の人生が嫌になり自殺しようと考えるのでした。

■被告人はなぜ自殺図ろうと?

被告人はスマホゲームユーザーで課金にハマり、底なしに課金を続けてしまういわゆる「廃課金者」。自分の懐のことを考えず、ひたすら課金した結果220万円の借金を作ってしまう。

そのことに嫌気が差し、「生きていたくない、自殺しよう。」となったというのです。ただそこで自殺するだけでは面白くない、せっかく死ぬならその前に好みの女とヤりたい!と身勝手すぎる思考に走ってしまった。

 

被告人男が犯した罪

強姦未遂(罪名はわいせつ、略取未遂、傷害)の容疑に掛けられた男は卑劣極まりない犯行へと走った。

男は好みの女性を見つける為に2ヵ月にも渡り女性を物色し、一人の女子高生(17)へと行き着いた。犯行に及んだ当日は車には拘束する為のテープ、脅す為のナイフ、そしてレイプを映像に残すための撮影機材を準備していた。

夜、バイト上がりの女子高生を夜道で急に羽交い絞めにし、車へと乗せようとしました。しかし、女子高生の抵抗によりうまくいかず、腹などを数回殴りましたが結局取り逃がしてしまい、犯行を諦めその場から逃走したのです。

後に車のナンバーを覚えていた女子高生に通報され、男は逮捕されるのであった。

 

裁判官「死にたかったら勝手に死ね!」

被害者の女子高生はこの事件をきっかけに男性恐怖症になってしまい、自宅に居ても、アルバイトに行くのも怯えていて、引っ越しをしたいまでに追い込まれてしまった。

そして行われた裁判では異例の事態へと発展した。

被害者の人生を一方的に歪めた被告に対して検察官は質問をしました。

検察官「これからどうやって償うつもりですか?」

被告人「原因になったゲームはしない、借金は弁護士の先生と相談して整理します、そして引っ越しも考えています」

 

そして裁判官が異例の一言を投げつけた。

「死ぬ死ぬ言ってて死んでないじゃん。死にたきゃ勝手に死ねばよかったんじゃない?」

「死にたきゃ勝手に死ねば!!」

ここまで強烈なことを言う裁判官は果たして他にいるでしょうか。人間味のある人です。

今回の事件は自殺願望を持った男による犯行、もはや人生にやけくそになっている人間だった男に裁判長が掛けた言葉はある意味男に対しても人生を更生させる為によかったのかもしれませんね。

この記事がいいと思いましたらシェアお願いします。

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-未分類

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.