未分類

『私、世界で1番のブスです』ラジオへのお便りに対する中島みゆきの回答に「泣いた」

 

「お別れのはがきを読む時間になりました…」と1984年2月7日に放送された中島みゆきさんのラジオの最後を締めくくるお便りのコーナー。

今回のリスナーからのお便りは「私、世界で1番のブスです」と衝撃の言葉から切り出された、中学生の女の子からのお便りでした…

それは自分の容姿にコンプレックスを抱え、容姿のことでいじめに遭い、そんな壮絶な人生を送っている自分へのアドバイスが欲しいというモノだったのです。

 

「私、世界で1番のブスです」

~以下、中学生からのお便り~

みゆきさんこんにちは。

私、世界で1番のブスです。誰が見たってブスです。

自分でもわかっています。わかってるんです…

でも人から変な態度取られると、やっぱり傷つくんですよね。

周りの友達から毎日ブスって言われて、街歩いてても吐くマネされて…

学級の男子からは睨まれて、おまけに生徒会長の人からは目の前でいろんなこと言われて…

ああ、目の前が霞んで見えない。

字も書きにくい。

でも頑張って書きます。

私、今年受験です。

志望校に願書も出します。

だけど、だけど、その高校には恐い人がいます。

中2の終わり頃、何度も何度も目の前に立って吐くマネして、みんなの笑い者にされました。

同じ高校に入ったらまたイヤなことされて、毎日泣かないといけないのかと思うと勉強できません。

死にたいなって思ったり、私が死んだらあの人たち喜ぶだろうなとか考えます。

お母さん恨んだけど、恨んじゃいけませんよね…

ここまで育ててくれたんだもの…

みゆきさん、こんな私でも、生きてて良かったって思うこと、ありますよね。

堂々と人前歩けるようになれる日、来ますよね。

その日を夢見て頑張ります。

そして、そして、みゆきさんのコンサートの日には、今の私でない私になってみようと思います。

 

中島みゆきさんの回答

中学生からの悲痛のお便りに対し、中島みゆきさんは迷い無い『力強いアドバイス』を送ります。

それは、視聴者の胸を熱くする本当に素敵なモノでした…

 

~以下、中島みゆきさんの返答~

日本中でこの今の番組を聴いてる人。

誰が一番醜く見えるかわかると思います。

このハガキをくれたあなた。

そのくらいのことわかる人が、日本中にいっぱいいると思います。

今あなたの周りにいる学校の、そういうことを言う、あなたを傷つけた仲間だけが人間だと思わないで欲しいと思います。

これから色んな人に会っていくことと思います。

世の中狭く見ないでくださいね。

女の子は、金さえかければある程度いくらでも美人になれると私は思います。

顔ってのはいくらでも造れます、金さえかければ…

でも、金かけて綺麗になれないものもあると思います。

コンサートの日は、アンタのままのアンタで、おいでよね。

また来週。

 

■実際の音声はこちらでご視聴いただけます。

 

当時聞いていた方からコメントが寄せられています。

  • あんたのままの、あんたでお出でよね!この言葉、当時、高校生の俺の、心震わせました!
    今、56歳。今も、忘れない。
  • あれから、35年も経つのかぁ…

 

強く重く、そして優しい言葉…

「心に響いた…」という方は是非いいねいただけましたら幸いです。

是非シェアもお願いします。

それではまた次の記事で…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-未分類

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.