木下優樹菜「本当は復帰したくなかった」「もう“彼”とは連絡を取りません」復帰発表から引退までの空白の5日間でいったい何が… - BUZZBUZZ-net

話題

木下優樹菜「本当は復帰したくなかった」「もう“彼”とは連絡を取りません」復帰発表から引退までの空白の5日間でいったい何が…

 

木下優樹菜がタピオカ騒動からまだ半年ですが、6月末に早くも「復帰」報道。しかしその数日後に「引退」とあまりにも急展開すぎる報道がなされた。その間わずか5日間で一体何が起こったのでしょうか…

 

 

木下優樹菜・所属事務所による引退発表

《今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました》

 

「引退」までの全幕

騒動の発端となった「事務所総出でやりますね」
 騒動の発端となったのは2019年10月。木下の実姉がアルバイトするタピオカ店が、木下からの “恫喝ダイレクトメール”を公開。そこには《弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ^_^ うそつきwww》などと書かれており、ネットを中心に大炎上。木下は芸能活動自粛を余儀なくされた。

「当時、大炎上して本人は酷く落ち込んでいる様子でした。タピオカ店側に謝罪を受け入れてもらえないと芸能活動を再開することもできませんから、木下さんはタピオカ店側に謝罪を申し込みました」(同前)

 元夫であるFUJIWARAの藤本敏史(49)と木下の実母の3人で、タピオカ店オーナーの自宅へ足を運んだこともあった。

「いきなり木下さんが顔を出すと驚かせてしまうかもしれないからと、まずは藤本さんと木下さんの母親が2人でオーナー宅に行きました。木下さんは面会の許可が出るまでは近くで待機していよう、ということになったようです。ですが被害者であるオーナーの奥様が不在で、そこでも謝罪は受け入れてもらえなかった。

 それ以降も木下さんは代理人を通して再三、謝罪したいと伝えてきましたが、タピオカ店側はついに訴訟に踏み切りました。新型コロナウイルスの影響で裁判がいつ行われるかは未定ですが、木下さんの元にはすでに訴状が届いています」(同前)

芸能活動再開の見通しは立たず、昨年末にはおしどり夫婦のイメージが強かった藤本との離婚を発表。世間では“タピオカ離婚”だと揶揄された。

「世間ではタピオカ騒動が離婚原因だろうと言われていましたが、実際は騒動以前から決まっていたことなんです。少なくとも2019年の夏前には、離婚に向けてすでに動いていました。数年前から夫婦喧嘩が深刻化し、喧嘩するたびに『離婚』というワードが頻繁に出ていたようです。以前は、結婚記念日やプロポーズ記念日などには必ず花束などをプレゼントしていた藤本さんですが、数年前からはそういったプレゼントもなくなっていたと聞いています」(同前)

離婚後に改善していた夫婦関係
 しかし離婚後、元夫婦の関係は改善していった。

「現在、木下さんと藤本さんは同じマンション内の別部屋に住んでいますが、不思議と離婚前よりも2人の関係は良くなった。かなり頻繁にお子さんが行き来していたこともあり、“偽装離婚”ではないかと囁かれたこともありますが、藤本さんがテレビ番組で否定しています」(同前)

 元夫との関係が落ち着いてきたことも、木下にとっては再開への背中を押す要因になったのだろうか。激動の2019年を終え、木下は所属事務所と芸能活動再開に向けて話し合いをスタートさせた。

「芸能活動再開は木下の強い希望」
「タピオカ店オーナー夫妻との裁判はおそらく1年以上かかるだろうという予測もあり、木下はそこまで待ちきれなかった。芸能活動再開は木下本人の強い希望でした。しかし当初、事務所側は芸能活動再開に反対していた。木下がオーナー妻へのメッセージに《事務所総出でやりますね》などと書いていたことから、事務所への批判が殺到し、スポンサーや関係者へのお詫び行脚もそれは大変だった。事務所内部もザワついていて、所属タレントからもマネジャーを通じてクレームが上がっていました。木下には『タピオカ店への謝罪が受け入れられるか、裁判が終わるまでは再開できないのではないか』と押し返していました」(芸能関係者)

 それでも木下は活動を再開したいと食い下がったという。

「木下が復帰を強く希望した理由には、離婚の影響が大きい。木下は周囲に『シングルマザーになったからちゃんと働かなきゃ』と漏らしていたようです。事務所としても木下の意思を尊重したいという思いもありましたが、リスクを考えるとなかなかGOが出せなかった。ネックになっていたのは、自粛期間中に起きたサッカー日本代表の乾貴士選手(32)との“縦読み不倫騒動”です」(同前)

 木下のインスタグラムに投稿されたある文章を縦読みすると『たかしあいしてる』と読めることから、不倫ではないかと一時ネットを中心に大きな話題になっていた。その後、ネットの“特定班”が乾選手のインスタメッセージを縦読みすると『ゆきなだいすき』と読めることを発見。木下と乾が不倫関係にあるのではないかと注目が集まった。

「もう彼と連絡をとりません」と明言
「芸能活動再開後に乾選手との関係が発展してしまえば、事務所も庇いきれない。『何かあったら、もう解雇するしかない。これ以上、リスクを冒せない』ということも本人には告げていたそうです。話し合いの中では、『実際に乾選手とはどうなんだ。今後どうするつもりだ』ということも何度も確認している。そこで木下は事務所に対し、『今後、関係が発展することはない』『もう彼とは連絡を取りません』と明言した。

 その木下の言葉を信じて、インスタグラムへの投稿程度ならいいだろうと事務所側が折れた。どちらにせよ、問題が解決するまではテレビやCM、ラジオなどへの出演はできませんし。自粛期間が長引いていたので、そろそろ木下の “ガス抜き”も必要だろうという考えもあったようです。そして“7・1”へ向けて、復帰準備に入ったそうです」(同前)

 こうした話し合いを経て、7月1日、ついに事務所公式サイトで木下の復帰が公表されたのだ。そこには《芸能活動自粛中、沢山のご意見をいただき色んな事を考え、自分自身を見つめ直し反省する日々を過ごしてきました。今はただ目の前の出来る事をコツコツと私らしく頑張っていきたいと思っています》という木下自身のコメントも添えられていた。

 しかしその復帰直後、“ある男性”の存在が浮上する。別の芸能関係者が明かす。

浮上した男らしいヤンチャ系イケメンの存在
「活動を再開した直後、木下が結婚している際に大手事務所所属の男性グループの30代メンバー・Aと不倫関係にあったらしい、という話が浮上したんです。Aは男らしいヤンチャ系のイケメンで、藤本とはまた別のタイプ。事務所側からするとまさに寝耳に水で、すぐさま木下本人との話し合いの場をもった」

 Aとの関係について木下に問いただしたところ、木下は気落ちした様子で口を開いたという。

「隠し通すのは無理だと感じたのでしょう。木下はAとの関係を、すべて洗いざらい事務所に告白しました。聞いてみると、かなり深い関係だったことがわかり、事務所はもう守り切れないと判断したのです。乾のことにしても、騒動直後に木下の証言が二転三転していたこともあり、『今後連絡をとらない』という約束も信じられなくなり、これではマネジメントはもう難しいという結論になった。そこで事務所は『契約解除』を宣告しました。当初、木下は約500万人のフォロワーがいるインスタグラムを使って、フリーで芸能活動をしようという気もあったようですが、古参のスタッフから『1人で芸能活動をするのは大変だぞ』と言われ、7月5日に事務所との契約解除と芸能活動引退が決まりました」(同前)

 木下と懇意にしている芸能関係者は「優樹菜さんは7月4日には引退を決めていたようですよ」と語る。

「優樹菜さんはすでに芸能活動引退を決めていて、周囲に『本当は復帰したくなかった。事務所に言われたから仕方なく復帰した』と語っていました。自粛期間中にも複数の取材があり、娘さん2人が藤本さんに『ママは何か悪いことしたの?』『ママはなんで仕事行かないの?』と聞いているのが辛いともこぼしていました。タピオカ騒動でのダイレクトメッセージもそうですが、自分は芸能人には向いていないと悩んでいたようです」

木下が友人に語っていた“不倫関係”
 木下は不倫関係が疑われている乾やAについても、身近な数人に話していた。

「乾選手との“縦読み不倫”についても仲のいい人には事情を話していましたよ。乾選手のほうが木下さんにべた惚れで、定期的に会う関係だったとも漏らしていました。木下さんが乾選手の住むスペインへ会いに行ったこともある。また木下さんの娘も乾選手とは面識があり、『たかし』と呼んでいたそうです。

 でもそのうち乾選手に対しては『そろそろ飽きた』と発言するようになり、代わりにAさんに入れ込んでいった。ちょうどその頃に優樹菜さんがインスタグラムに『体調不良で7キロくらい痩せた』と投稿していますが、恋人について思い悩んでいるのかなと心配していました」(同前)

 事務所関係者がこう嘆息する。

「恫喝メッセージにしても男性関係にしても、木下は芸能人としての自覚がなさすぎる。事務所としては、彼女がSHIBUYA109のカリスマ店員だった頃から長年付き合ってきて、愛情をもってマネジメントしてきたつもりです。『木下は大馬鹿ヤロウだ』と悔しそうに話す古参スタッフもいました。ただ、彼女がこうなってしまった責任は事務所にもある。ちゃんと育てることができなかった」

 木下はいま、何を思うのだろうか。

引用元:Yahooニュース

今後の木下はどうしていくのだろうか……

なにより気がかりなのが子供の存在。これ以上大人の事情に巻き込むのは気の毒だろう。

風当たりは強い。確かに需要はあるかないか?

 

ない!!

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.