祖国の為に散る決意をした青年「18歳の回天特攻隊員」が母に宛てた遺書、その手紙には強がる青年の本当の心中が綴られていた… - BUZZBUZZ-net

感動

祖国の為に散る決意をした青年「18歳の回天特攻隊員」が母に宛てた遺書、その手紙には強がる青年の本当の心中が綴られていた…

 

 

 

回天特攻隊、それは自身の命と引き換えに相手へと攻撃を行う、第二次世界大戦で実際で行われた日本の戦法だった。

その特攻隊員の一人でわずか18歳にして祖国の為に散った青年の書いた遺書が非常に心に刺さると話題を呼んでいます。

 

18歳の回天特攻隊員の遺書

18歳の特攻隊員が母に残した、最後の手紙です。

 

「18歳の回天特攻隊員の遺書」

 

お母さん、私はあと3時間で祖国のために散っていきます。

胸は日本晴れ。

本当ですよお母さん。少しも怖くない。

しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。

 

それは、今日私が戦死した通知が届く。

お父さんは男だからわかっていただけると思います。

が、お母さん。お母さんは女だから、優しいから、涙が出るのでありませんか。

弟や妹たちもお兄ちゃんが死んだといって寂しくおもうでしょうね。

 

お母さん。

こんなことを考えてみましたら、私も人の子。やはり寂しい。

しかしお母さん。

考えて見てください。今日私が特攻隊で行かなければどうなると思いますか。

 

戦争は日本本土まで迫って、この世の中で一番好きだった母さんが死なれるから私が行くのですよ。

 

国の為に、母の為に戦い、自分の命を失うことに全くの恐怖がない。

しかし母の泣く姿を思い浮かべ、やっぱり寂しいと本音を呟く。

本当は生きたかったことでしょう。母の元に生きて戻りたかったでしょう。

若干18歳の青年が自身の気持ちを殺し散っていきました。

非常に胸を打たれる手紙です。

 

回天作戦とは

■回天作戦とは

 

 

■人間魚雷の図

 

■回天特攻隊員達の写真

あどけない笑顔からは、決して特別ではない、普通の明るい青年たちだということが伺える。

 

恐怖を思い浮かべないように強がっているのだろうか。気丈に振舞う姿に心打たれます。

 

ネットでの声

当時の日本と今の日本では置かれている状況が違い、戦争に対する考えは全く違います。しかし家族の愛は今も昔も変わりありません。

日本人である以上、決して途絶えてはいけないこの歴史、今一度みなさんに知っていただく為にも是非シェアいただけたら幸いです。

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-感動

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.