笑う

アメリカ版授かり婚の「ショットガンウエディング」、名前の由来が予想の10倍ヤバい…

 

子供を授かったことをきっかけに結婚することを日本では「デキ婚」や「授かり婚」と呼んでいますが、アメリカでは全く違うニュアンスの呼び名が付けられています。

今回はTwitterユーザーのさぁさ姉さんがそのことを取り上げ、話題を集めた投稿をご紹介します。

 

ショットガンウエディングの衝撃の由来

日本でいう「デキ婚」「授かり婚」はアメリカでは「ショットガンウエディング」と言います。

ショットガンと言うと、凄まじい破壊力を誇る銃の一種ですが、その由来がいかにもアメリカらしく衝撃的な物だったのです。

それでは実際の投稿をご覧ください…

 

 

娘の父親が相手の男にショットガン(散弾銃)を突きつけて結婚を強いることからそう呼ばれるようになった(笑)

オーマイゴッド(笑)

男性の方は、アメリカでの交際は慎重にする必要がありますね…

この知識、「参考になった」「予想以上に衝撃的だった」という方は是非「いいね!」ポチッとお願いします

それではまた次の記事で…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-笑う

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.