妻が最期に綴った『七日間でやりたいこと』、最後の七日目に書かれた思わぬ内容に「泣いた」 - BUZZBUZZ-net

感動

妻が最期に綴った『七日間でやりたいこと』、最後の七日目に書かれた思わぬ内容に「泣いた」

 

今回ご紹介するのは、以前新聞に掲載された「妻が願った最期の七日間」という記事についてです。

思わず涙が込み上げてくるとSNSで話題を集めたその内容、是非ご覧ください。

 

妻が願った最期の「七日間」

52年連れ添った老夫婦、その奥様がこの世を去りました。

彼女は亡くなる直前に「七日間」というタイトルの詩を残しこの世を去りました。

その内容は、もしも最期に元気な体で七日間を過ごせるのならば…というモノ…

一日目、二日目……とやりたいことを綴っていきます。

 

夫の為に料理をいっぱい作りたい…

愛犬を連れてドライブに行きたい…

友達と女子会でカラオケをしたい…

 

そんな普通の生活を最期にやりたいと彼女は願いました。

そして、最後の七日目にやりたいこと、その願い事に思わず涙がそそられます。

それでは実際の記事をご覧ください。

 

 

一日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい

あなたが好きな餃子や肉味噌 カレーもシチューも冷凍しておくわ

 

 

二日目、織りかけのマフラーなど趣味の手芸を存分に楽しむ。

 

 

三日目に身の回りを片付け、四日目は愛犬を連れて私とドライブに行く。


『箱根がいいかな 思い出の公園手つなぎ歩く』

 

 

五日目、ケーキとプレゼントを11個用意して子と孫の誕生会を開く。

 

 

六日目は友だちと女子会でカラオケに行くのだ。

 

 

そして七日目。

『あなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ 大塚博堂のCDかけて ふたりの長いお話しましょう』

『私はあなたに手を執られながら 静かに静かに時が来るのを待つわ』

 

奥様が最後に願ったこと、それは愛する旦那様との二人きりの時間。

52年間もの年月を二人三脚で乗り越えてきた二人の間には、なによりも深い究極の愛があったのでしょう…

 

対する読者達からは…

  • 何回読んでも、その都度泣いてしまう。ステキな可愛らしい奥さまですね。私もこんな風に寄り添い生きていけたらと憧れます。
  • 7日間の願いは叶わなくても、最期は最愛の人に手を執ってもらいながらだから、奥様は幸せだったんでしょうね
  • 読ンで失敗した~ 涙が止まらなぃ もぅ~これから仕事なのに~
  • こんな風に大切な人と最期を迎える覚悟が出来るのって凄い。

 

最期まで愛する人へ尽くしたいと思える気持ち、愛する人と一緒にいたいと思う気持ち、本当に素敵なご夫婦のお話でした。

「素敵」「感動した」という方は是非「いいね」をいただけましたら幸いです。

それではまた次の記事で…

妻の遺骨と共に飛行機へ乗る男性、客室乗務員の咄嗟の対応に「素敵」「涙出た」

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-感動

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.