【悲報】父さん(58歳)の玉竿を切断し殺害したとして、娘さん(29歳)が逮捕。(画像あり) - BUZZBUZZ-net

驚く

【悲報】父さん(58歳)の玉竿を切断し殺害したとして、娘さん(29歳)が逮捕。(画像あり)

 

 

 

【悲報】父さん(58歳)の玉竿を切断し殺害したとして、娘さん(29歳)が逮捕。

タイのバンコクで男性陣は冷や汗が出てしまう恐ろしい事件が起こってしまった。

なんと娘が父親の性器を切断し、殺害してしまったとのこと。娘の証言ではどうやら10才の頃から性的虐待が繰り返されていて、その逆襲のようだ。

写真のボーダーの女性が逮捕された娘(29歳)

 

タイの首都バンコクで今月17日、ブンヤダ・チャンチュアン(Boonyada Chanchuang、29)が父親のカセム・ブンヤチョンさん(Kasem Bunyachon、58)を殺害したとして地元警察に逮捕された。

ブンヤダは同日深夜、血の付いたナイフをコンビニ前のゴミ箱に捨てたことが分かっており、警察は監視カメラの映像をもとにブンヤダの捜索を開始。午前2時半頃、市内をうろついていたブンヤダの身柄を拘束した。

カセムさんは同日遅く、自宅で額を刃物で刺されたうえ性器を切り落とされた状態で発見されており、このニュースはあまりにも衝撃的な事件として地元メディアに大きく取り上げられた。

そして逮捕翌日の18日、警察署に集まったレポーターの前に姿を現したブンヤダは「昨夜はよく眠れた。児童買春をする奴らは罰を受けなければならない」と吐き捨てるように語り、父親に性的虐待を受けていたことをほのめかした。

またブンヤダのショッキングな発言を裏付けるかのように、母親は警察に次のように語った。

「私がカセムと離婚した後、10歳だったブンヤダは父親のもとで3年間暮らしました。カセムは気が短く暴力的で、娘はカセムによって精神的に追い込まれていったのかもしれません。またカセムから性的虐待も受けていたようで娘は家を出て、一時はどこに住んでいるのかもわからない状態でした。中学3年生になるとボーイフレンドができ、ドラッグに手を出すようになったのです。ドラッグに依存するようになった娘は、2017年頃から精神的に不安定で、その1年後には入院しています。」

なおブンヤダは「シータンヤー病院(Srithanya Hospital)」にて精神鑑定を受け、警察は「起訴に堪えられるだけの責任能力はある」と発表していたが、供述が二転三転していることからバンコクにある「Institute Galya Rajanagarindra」で再度鑑定を受ける予定になっている。

また拘留されたブンヤダを訪ねた義父は「義娘は私には『カセムに10歳で性的虐待を受けた。父を殺したのは本当は私のボーイフレンド』と告白し、父親の殺害は否認しています。ブンヤダの精神状態はかなり悪化しているようです」と述べている。

父親を殺害したのはブンヤダなのか。そうだとしたら29歳のブンヤダをここまで追い詰めたものは一体なんだったのか…。なお父親の葬儀は20日に執り行われている。

引用元:livedoorNEWS

 

娘さんドラッグにも手を出していたみたいだし、これは闇が深そう……

 

 

万が一の時は移植という手段も残されているみたいですねw

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-驚く

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.