暴力団の新しい収入源(シノギ)はLINEスタンプだった!!組員お手製のスタンプの正体とは… - BUZZBUZZ-net シノギとは暴力団の収入や収入を得るための手段のことをいう。「糊口をしのぐ(飯をのり状の粥にして食いつなぐこと)」または「鎬(しのぎ)を削る(両者の刀の鎬が削れるほどの激しい戦いのこと)」からきたとされ"> シノギとは暴力団の収入や収入を得るための手段のことをいう。「糊口をしのぐ(飯をのり状の粥にして食いつなぐこと)」または「鎬(しのぎ)を削る(両者の刀の鎬が削れるほどの激しい戦いのこと)」からきたとされ">

話題

暴力団の新しい収入源(シノギ)はLINEスタンプだった!!組員お手製のスタンプの正体とは…

シノギとは暴力団の収入や収入を得るための手段のことをいう。「糊口をしのぐ(飯をのり状の粥にして食いつなぐこと)」または「鎬(しのぎ)を削る(両者の刀の鎬が削れるほどの激しい戦いのこと)」からきたとされているが詳しいことはわかっていない。暴力団の主なシノギとして用心棒、麻薬の密売、ノミ行為、高利貸しといったものから、最近ではオレオレ詐欺・ワンクリック詐欺の元締めなど手の込んだものまで、違法性のあるものが多い。

引用元:日本語俗語辞典

 

時代によって大きく変化しているシノギ、平成から令和へと時代が移り変わり、現代のシノギは予想出来ないところで展開されていたのです。

 

 

 

 

現代の暴力団の収入源はLINEスタンプだった

 警視庁に摘発された指定暴力団組員の男が無料通信アプリ「LINE」(ライン)上で使える「LINEスタンプ」という画像アイテムを自作し、オンライン上で販売した疑いがあることが19日、関係者への取材で分かった。スタンプは一般の利用者向けに販売されており、警察当局は暴力団が若者らに浸透しているラインに目をつけ、新たなシノギ(資金獲得活動)としている可能性があるとみて警戒を強めている。

 関係者によると、ラインスタンプを自作、販売したとみられるのは住吉会系3次団体に所属する40代の男。警視庁に平成30年3月ごろ、知人男性から100万円を脅し取ったとして恐喝容疑で逮捕されている。


 スタンプは複数の種類があり、短髪の男性の画像に「アニキと一緒です」「本部です」「若いのを行かせます」といったメッセージが添えられているほか、携帯端末を見つめる男性の画像に「ヘッドに確認して」「本部は誰が泊まるの?」などの文言がある。

 販売額はラインのルール上の上限の600円に設定。スタンプ作成者には、手数料を差し引いた一部が還元される。捜査関係者は「組員が関係先にスタンプ購入を強制すれば、実質的なみかじめ料の徴収にもなり得る。今後、身分を偽装しやすいSNSを使った同様の資金集めが活発化する恐れもある」と懸念する。

ライン社は、スタンプの作成者が暴力団などの反社会的勢力であることが判明した場合、販売しているアカウントを停止するなどとしている。オンライン上で公開している利用規約でも、この対応方針を周知しているという。

 産経新聞の取材に対し、同社は「アカウントおよびスタンプが暴力団関係者のものかということに関しては、現状、把握していない」と回答。「社内で調査の上、適切に対応させていただく」としている。

引用元:産経新聞

足取りが掴みづらいネットを駆使したやり口、やはり時代の流れはには逆らえないのでしょうね…

そしてなにより気になるのがそのLINEスタンプ…

それではご覧ください…

 

暴力団による自作LINEスタンプの正体

こ、これは……

コアなファンにはウケるかもしれませんね…w

ネット社会が加速する今の時代、今度は何が標的にされるのでしょうか…

少しでも参考になったという方は是非シェアやいいねお願いします。

それではまた次の記事で…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.