飯塚幸三被告、矛盾だらけの供述を繰り返した結果、ついに被害者父を本気でキレさせてしまう… - BUZZBUZZ-net

未分類

飯塚幸三被告、矛盾だらけの供述を繰り返した結果、ついに被害者父を本気でキレさせてしまう…

…事故後数回に渡り続けられている裁判、そして今回4月末に行われた被告人質問でまたも矛盾だらけのありえない供述をしたとして世を騒がせています。

そして、遺族たちも今までにないほどの憤りを見せています。

 

 

 

矛盾だらけの供述、遺族ついに我慢の限界

2019年4月、池袋で乗用車が暴走し11人が死傷した事故で、逮捕・起訴された飯塚幸三被告(89)が27日、初めて法廷で事故当時の状況を話した。

「アクセルを踏んでいないのにエンジンが高回転になりました。意図しない加速で車が制御できないことを非常に恐ろしく感じました」

 飯塚被告は、過失運転致死傷の罪に問われていて、事故当時、アクセルは踏んでいないと無罪を主張している。

「アクセルペダルを見ると、床に張り付いているように見えました」
「ブレーキを踏みましたが、ますます加速しました」

 ブレーキを巡っては、これまでの裁判で目撃者が出廷し、「当時ブレーキランプは一度も点灯していなかった」などと証言している。また、検察側も「アクセルペダルを踏みこんだデータは残っているが、ブレーキを踏んだデータは残っていない」とした上で、ブレーキとアクセルを踏み間違えたと指摘していた。

 この事故で、妻の真菜さんと娘の莉子ちゃんを亡くした松永拓也さんは、今回の飯塚被告の主張に憤りをあらわにした。

 裁判後の会見で、松永さんは「事故後、今日の裁判の後が一番絶望しました。簡単にご冥福を祈るとか言わないで欲しいです」とコメント。「あまりにもひどい……。あんな人にね、あんな人に、妻と娘の命を奪われたなんて」と声を震わせた。会見には、亡くなった真菜さんの父親(63)も同席し、「今日の話を聞くと矛盾だらけで……。よく平気でそういうことが言えるなと。人として人間として、最低の人ですね」と悲痛な胸の内を明かした。

 

松永さん「あんな人にね、あんな人に、妻と娘の命を奪われたなんて…」

 

被害者父「人として人間として、最低の人ですね」

 

これだけの状況を作り上げておきながらも、信じられない供述を繰り返し、自分を守る姿勢を続ける飯塚幸三被告。

遺族達は、心からの謝罪を求めているだけなのに…

果たして今後の行方はどうなることでしょう…

この記事に対するご意見、ご感想ございましたらお待ちしております。

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-未分類

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.