「金がなけりゃ、げんこつを入れればいい」おっちゃんが営むげんこつたこ焼き屋、その真の意味に胸が熱くなる… - BUZZBUZZ-net

感動

「金がなけりゃ、げんこつを入れればいい」おっちゃんが営むげんこつたこ焼き屋、その真の意味に胸が熱くなる…

 

 

過去の感動ニュースをご紹介します。

こどものたこ焼き屋(げんこつたこ焼き屋)という名のたこ焼き店は大人が買うことが出来ないという一風変わった決まりごとがあります。

高校生までであればだれでも買うことが出来、驚くべきことがその値段設定。

小学生 10えん

中学生 30えん

高校生 50えん

完全に儲けを考えていない値段設定、そしてなにより「げんこつ」という言葉に込められた真の意味がとても深い店主の粋な計らいだったのです。

 

【動画】げんこつたこ焼き

 

「げんこつ」を入れるというのは、お金が無い子供が無くても入れるふり(げんこつを入れる)をすればたこ焼きをご馳走してくれるというのです。

自身が小さいころ、母子家庭で苦労をされた店主の水野さん、そんな思いをする子供を少しでも救いたいという一心でこのたこ焼き屋をやられているというのです。

本当に素晴らしい行動ですね。

是非あなたの身の回りの方にもこの素敵なげんこつたこ焼きのお話をシェアいただけたらと思います。

それでは、次の記事でお会いしましょう…

 

引用元ツイート

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

あなたにおすすめ

-感動

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.