新聞

20歳女子に恋してしまった40代妻子持ち男性、アドバイザーの強烈カウンターに「正論すぎ」

 

今回ご紹介するのは、読売新聞の人気コーナー「人生案内」で過去に掲載された40代男性からの恋の悩みについてです。

既婚者でありながらも、ある年下女性に恋心を抱いてしまったがどうしたらいいかと相談で、対するアドバイザーからの回答があまりにも強烈すぎるとSNS上で話題を集めています。

 

40代男性 職場の20歳女性に恋

相談者の男性は40代で妻子持ちにも関わらず、職場の年下女性に恋心を抱いてしまいました。

しかも子どもと同じ20歳に…

 

気持ちが沸き始めたのは、職場での相手女性が取る行動や会話からだったと言います。

相談者を見かける度に手を振ってくれ、更に年の差を気にせず気さくに話掛けてくれる、そんな関わりを持つことで次第に彼女へ好意を抱いていったと言います。

それでは実際の記事をご覧ください。

 

 

もし自分が独身で若かったら、きっと交際相手として見てもらえる…

でも自分は既婚者なので、不倫等はしたくない…

妻にバレてしまったら…

そんな葛藤があり、彼女への想いを断ち切ることが出来ず、この想いをどうしたらいいかアドバイスが欲しいと今回相談に踏み切ったのでした。

この男性の相談を受けたのは男女関係の相談のスペシャリストと言える作家の出久根先生でした。

 

人生経験豊富な出久根先生による強烈カウンター

アドバイザーである直木賞作家の出久根達郎さんは、今までに中学1年から92歳と幅広い年代の相談を数百件と受けている「人生案内」の名物回答者として有名です。

そんな出久根先生、今回は浮かれた相談者に強烈すぎるカウンターを浴びせてしまうのでした。

それでは実際の回答をご覧ください。

 

 

まず第一声に…

 

なにもかもあなたの「幻想」です。

 

と、たった一言で相談者の想いを一掃してしまいます。

そして相手女性が仲良くしてくれるのは、

 

会社先輩として好感を持っているだけ

 

であり、また年の差を気にせず話してくれるのは

 

相談者に恋をしていないから

 

だと完全に勘違いをしていることをストレートに伝えます。

そんな男性に対し厳しい言葉を浴びせながらも、具体的にアドバイスします。

状況を打開する為に、自分自身をどれだけだらしない人間かと叱りつける。

そしてもし一歩間違えてしまえば、何もかも失いかねない…と悪い方向に考える。そうすることによって

 

目が覚める。


と質問者に厳しくもしっかりとアドバイスをしてくれるのでした。

 

■実際の投稿

 

この記事を読んだ人からは…

  • 久々に心に突き刺さる回答だった
  • 身も蓋もないド直球の現実
  • 回答が清々しい程に的確すぎ
  • さすが出久根達郎!

 

相談者男性もこれだけバッサリ斬られたら、きっと少しは懲りたことでしょう…

思わずハッとさせられる強烈な回答でした。

「参考になった」「強烈」と思った方は、是非「いいね」いただけましたら幸いです。

それではまた次の記事で…

妻に拒まれ続けた男性、哀れな気持ちを先生に相談するも返ってきたのは痛烈カウンターだった……

 

今回のアドバイザーである出久根達郎さんの「人生案内」が一冊の本にまとめられました。

人気回答者12年分の名回答を集成! 中1女子から92歳男性までのあらゆる悩みをテーマ別に…

ご興味のある方は是非是非チェックしてみてください…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-新聞

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.