【悲報】鬱になった先輩が病院送りになった決め手は、まさかの親が親切心で掛けたある言葉だった… - BUZZBUZZ-net

話題

【悲報】鬱になった先輩が病院送りになった決め手は、まさかの親が親切心で掛けたある言葉だった…

うつ病の人に「頑張って!」とか「やればできる」という言葉を掛けてはいけないという話はよく聞く話ですが、ある鬱患者は親の親切心から出たある言葉をきっかけに一気に悪化し入院にまで追い込まれてしまいました。

その以外な言葉が当人には大きなダメージを負わせてしまったのです。

 

 

 

 

鬱になった先輩を入院に追い込んだ、親の一言

「結婚して子供でも作ったらどうだ。かわいいぞ。」親からしたら何の偽りも無く、深い意味もなく言っただけだったのでしょう…

しかし言われた方からしたらそれどころではなかったのでした。

 

そして、こう続けます。

令和となり結婚に対する意識が大きく変わってきていて、独身の割合は年々増え続けています。

(画像出典:AXA

1900年台とは比べ物にならない程未婚者が増え続けている、それなのに結婚をすることが正としてしまうのはあまりにも酷なのかもしれませんね。

 

 

対する世間の声

「地獄への道は善意で舗装されている」

なんとも虚しいことわざですね。

しかし、これが正真正銘の事実なのかもしれません。

この記事が少しでも気になる話題だった。と思った方は是非シェアいただけたら幸いです。

それではまた次の記事で…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.