新聞

『亡くした家族を思い出す方法』を綴った中学生、最後の一文に「涙が込み上げる」

 

朝日新聞に掲載された、「大切な『その人』を思い出す方法」という記事が深く考えさせられると話題を集めています。

この記事は13歳の中学生が書いたもので、内容は誰しもが関係する「死」について。

是非最後までご覧いただけたら幸いです。

 

大切な「その人」を思い出す方法

今回記事を書いた國井さん(13)は13歳を迎える直前に最愛の人を亡くしました。

そしてこう考えました…顔など写真に写せるモノであれば忘れることはないけれど、その人の口癖、しぐさ、愛情などは忘れてしまうのではないか…

そんなどうしようもないことを考え、ある答えにたどり着いたのです。

そう、実は思い出す方法は至るところにあったというのです。

それでは実際に記事を読んでみましょう…

 

 

國井さんが亡くした最愛の人、それは「お父さん」。

お父さんのことを忘れない為に導き出した方法とは「お父さんを思い出したいと思うことそのもの」だと言います。

「会いたい」「大好き」という気持ちは、お父さんがどれだけ愛され、温かい人だったかを改めて思い出されることだと語ります。

 

誰もが直面する「死」、是非この機会にあなたの大切な人思い出してみてください…

 

「深い」「胸がジーンとした」という方は是非「いいね」いただけましたら幸いです。

それではまた次の記事で…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-新聞

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.