【涙腺崩壊】「しゅん君の最後のわがまま」不治の病と闘う少年の物語…… - BUZZBUZZ-net

感動

【涙腺崩壊】「しゅん君の最後のわがまま」不治の病と闘う少年の物語……

ある病院の小児病棟にしゅん君という男の子がいました。彼も小児癌患者の一人。


彼が患っていたのは脳腫瘍、小児癌の中では白血病の次に発症率の高い癌です。


そんな彼には大きな夢があったのです。ある日彼はその夢をどうしてもかなえたいとわがままを言ったのでした・・・

 

 

 

 

しゅん君のわがまま

ある小児癌病棟に、一人の男の子がいました。


その子の名前は、「 しゅん君。」


彼の脳腫瘍は、誰にも手術できない…そういう種類の病状でした。でも彼はいつも看病してくれる人たちに元気に明るく振舞っていました。


同じ病棟の子どもたちにもとても優しく

 

「良くなるから苦い薬を飲もうね。」
「良くなるから頑張ろうね。」

 

って同じ病棟の子に、常に優しい声を掛けたりしていました。

 

症状を知らない人が見たら自分も病気だということなど微塵も感じさせないような男の子だったそうです。病状が進んだある日、彼は斜視になっていました。


それを気づかせないようにお母さんや看護師さんは必死に鏡を隠しました。洗面所、トイレと…そして夜になると窓が鏡の代わりになるので慌ててカーテンを閉めました。


ある日そんな事情を知らない一人の新米の看護師さんがやってきました。彼女に悪気は微塵もなかった。しかし、落ち度があった…


彼女の胸ポケットに手鏡があることに気づいたしゅん君は

 

「看護婦さん、その鏡を貸して。」

 

そして看護婦さんは鏡を貸してしまう…。


どんなに自分の顔を見ようとしても自分の顔が見えない。


そして彼は、以前とは変わってしまった自分の顔を見て泣くこともなくひと言、

 

「看護婦さん、僕が鏡で顔を見たこと、お母さんには黙っててね。きっとお母さん、悲しむから。」

 

そんな心優しいしゅん君がたった一度だけ、 わがままを言ったそうです。


しゅん君のただ一度の「わがままな」言葉。

 

「ねぇママ、僕は大人になりたいよ。」
「パパみたいな大人になりたいよ。」

 

ママや周りの人にそう訴えました。ママや周りの人は、慌てて

 

「えっ、大丈夫だよしゅん。パパみたいな大人になれるよ。何言ってるの、なれるに決まってる。」

 

その慌てる姿を見てしゅん君は、いつもの冷静なしゅん君に戻り

 

「うん。なれるよね。ママあの苦い薬飲むね。」

 

と言って口をつぐんだのです。


そして彼はその翌朝大好きなママの腕の中で安らかに息をひきとりました。


そう彼の夢は「大人になること」大人の私たちは、今しゅん君が夢見て、果たすことができなかったそんな「夢の時」を生きています…

命は人それぞれ違う時間が割り当てられます。

終わりを迎える時、最高の人生だったと思えるような生き方をしていきたいですね…

もしよろしければこの感動ストーリーをみなさんに読んでいただく為にもシェアいただけたら幸いです。

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-感動

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.