不慮の事故で夫を失い悲しみに暮れる女性、先生の説得力のあるアドバイスに「泣いた」 - BUZZBUZZ-net

新聞

不慮の事故で夫を失い悲しみに暮れる女性、先生の説得力のあるアドバイスに「泣いた」

 

今回ご紹介するのは、過去に新聞に掲載された一般応募者からの相談コーナーでの一記事。

相談者は不慮の事故で夫を亡くしてしまった50代女性、彼女は悲しみだけでなく、夫の命を奪った加害者に対する強い憎しみも抱えています。

生きることに嫌気を差してしまった相談者に対し、アドバイザーの先生の回答が思わぬ展開を招き涙無しでは見られないとSNSを中心に話題を集めています。

 

無灯火の車に命を奪われた夫

相談者女性は、昨年事故で夫を失いました。

あまりにも突然の死に、来る日も来る日悲しみに明け暮れ、また無灯火が原因だった事故の加害者女性に対する強い憎しみが拭いきれずにいます。

それでは実際の女性からの相談内容をご覧ください。

 

無灯火が原因で人の命を奪ったにもかかわらず普通の生活に戻っている加害者に対しする憎しみと、悲しみに押しつぶされる日々。

この気持ちをどうすれば良いか…と藁にも縋る想いでアドバイスを求めました

その相談を全身全霊で受け止めたのは政治学者の姜 尚中先生、自身の壮絶な体験から言えるアドバイスをしました。

 

「政治学者 姜 尚中先生の

相談を受けたのは政治学者の姜 尚中先生、実は姜先生も相談者と同じように辛い過去をお持ちの方で、誰よりも気持ちを理解出来、本当に説得力のあるアドバイスを送ることが出来るのでした。

それでは実際のアドバイスをご覧ください。

 

実は、先生自身も大切なご家族である最愛の息子さんを亡くした経験を持ち、相談者と同じ悲しみを背負っていたのでした…

そして先生からのアドバイス、それは「死ぬのはおやめなさい」の一言。

たった一言かもしれませんが、同じ悲しみを背負う者として誰よりも説得力のあるアドバイスだったことでしょう。

そして息子さんが残してくれた「末永く元気で」という言葉から導き出し答え、とにかく前を向いて生きていくことを相談者へと伝え、とにかく生きていることを旦那様も願っているのだと伝えました。

その後の相談者がどうされているかは分かりませんが、きっと前を向いて生きようとしてくれている…そう信じたいです。

 

「胸が熱くなった」「心に響いた」という方、是非「いいね」いただけましたら幸いです。

それではまた次の記事で…

妻の遺骨と共に飛行機へ乗る男性、客室乗務員の咄嗟の対応に「素敵」「涙出た」

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-新聞

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.