話題

一人の国立大学名誉教授の意見で廃止になった児童公園、その信じ難い理由に「ありえない」

 

12月2日、長野市の児童公園が廃止されることが決まったことがメディアで報じられ、その驚きの理由に物議を醸しています。

事の発端は、たった一人の高齢者の意見からでした…

後に分かったことは、意見した高齢者は国立大学の名誉教授、そしてその理由があまりにも信じ難いモノだったのです…

 

たった一人の意見で利用廃止となった児童公園

 

物議を醸している利用廃止となった児童公園、ある国立大学名誉教授の一声で廃止が決定されました。

その驚くべき理由は…

 

「子どもの声がうるさい」

 

 

 

この驚くべきニュースに実業家のひろゆき氏はこのように意見されています。

 

世間からは…

  • 公園で遊ぶ子供達にめくじら立てる大人たちは、子供の頃遊ばなかったの?騒がなかったの?
  • 子供達の希望の場所は大人の都合で消されて、子供達が家で遊べば近隣どもは不健康と騒ぐ
  • クレームを入れている大人は、自分が子供の頃、静かで周囲に迷惑をかけない子供だったのだろうか。
  • 上級国民の意見だから…?ありえない…

 

  

 

あなたはこの騒動、どう考えますか?

是非ご意見いただけましたら幸いです。

多くの方に知っていただく為にも「いいね」「シェア」もお願いします。

それではまた次の記事で…

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.