「私のせいで…」コロナ感染の自分を責め自ら命を絶った女性、遺書に綴られた言葉に胸が締め付けられえる… - BUZZBUZZ-net

ドラレコ

「私のせいで…」コロナ感染の自分を責め自ら命を絶った女性、遺書に綴られた言葉に胸が締め付けられえる…

新型コロナウイルス感染者が増えていく日々、感染症対策を行っていても明日は我が身…

そんな中、なんとも悲しい事件が起こってしまいました。

責任感が人一倍強かったであろう、まだまだ先の長かった30代女性がコロナに感染し、自分を責め…自ら命を絶ってしまった…。

 

 

 

 

正義感の強さゆえの悲しい出来事

コロナ感染 自宅療養の女性自殺

新型コロナウイルスに感染したあと、自宅で療養していた東京都内の30代の女性が自殺していたことが分かりました。
残されていたメモには「自分のせいで迷惑をかけてしまった」などと書かれていたということです。
専門家は「自宅療養者は特に精神的な負担が大きいケースがあり十分なケアが必要だ」と指摘しています。

関係者によりますと、今月、東京都内のマンションの部屋で30代の女性が死亡しているのが見つかりました。
女性は、新型コロナウイルスに感染したことが分かったあと自宅で療養していたということで現場の状況から自ら命を絶ったことがわかりました。
残されていたメモには、「自分せいで周りに迷惑をかけてしまい申し訳ない」という内容が書かれていたということです。
女性は症状はほとんどありませんでしたが、周囲の人が感染したことについて「自分がうつしたかもしれない」などと悩んでいたということです。
関係機関が、当時の詳しいいきさつなどについて、調べています。
新型コロナウイルスの感染拡大による精神面への影響などについて調べている早稲田大学の上田路子准教授は、自宅療養者が増える中、対策が必要だと指摘しています。
上田准教授は「新型コロナウイルスに感染すると、『周りにうつしてしまうのではないか』『迷惑をかけてしまうのではないか』といったプレッシャーを感じる人が多い。自宅療養者の場合、自分の健康の心配をしながら家事などをしなければならないケースがありさらに外部の人との交流も制限されるので精神的にかなり追い詰められるのではないか。体調面のチェックだけでなく精神状態をきめ細かく把握しケアする体制が必要だ」と話しています。

新型コロナウイルスの感染拡大による精神面への影響などを調べている早稲田大学の上田路子准教授は自宅で療養するが人が増える中、対策が必要だと指摘しています。
上田准教授は「新型コロナウイルスに感染すると健康面への不安だけでなく、『自分が家族にうつしてしまうかもしれない』といった不安や、『社会からバッシングを受けるのではないか』というさまざまな精神的な負担を感じるという人が多い。特に自宅療養者は、自分の健康の心配をしながら家事などをしなければならないこともあり、さらに外部の人との交流も制限されるので精神的にかなり追い詰められているのではないか」と指摘しています。
そして、「保健所などによる体調面のチェックだけではなく精神状態についてももっときめ細かく把握し必要に応じて対応をとるなど十分なケアが必要だ」と話しています。

引用元:NHK NEWS WEB

コロナに感染したら悪者!という風潮が感じられるのもまた事実。

そんな日本の雰囲気を、今こそメディアのチカラで変えるべき時なのではないでしょうか。

こういった悲しい事件を目にすることがもうありませんように。

 

世間の反応

もし感染してしまっても、自分をどうか責めないで生きて欲しいです。

こんな悲しいことが連鎖しないよう、身近な方にシェアして今一度世の在り方を考えるキッカケになると嬉しいです。

もしこの記事が良いな・面白いと思ったら是非いいね、シェアお願いします。

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

あなたにおすすめ

-ドラレコ

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.