話題

師匠・円楽の死を受け、伊集院光さんがSNSに残したたった一文字の投稿に「涙出た」

 

9/30、落語家の三遊亭円楽さんの死を受けて、かつて円楽さんに落語家として弟子入りしていたタレントの伊集院光さんが、自身のSNSにたった一文の投稿されました。

 

 

突然すぎる師の訃報を受けて、何の言葉も出ないという心境だったのでしょう…

本当に胸が締め付けられます。

 

 

その後、自身の胸の内を事務所を通しコメントされています。

以下全文…

17歳の時に、学校にも行かずふらふらしていた時分に、師匠に拾っていただき、人間にしてもらいました。その後 僕は古典落語の道を諦め、紆余曲折あったものの「お前が俺を尊敬してるうちは弟子を名乗ったらいいさ」と温かい言葉をいただき、師弟関係を続けさせていただきました。ここ数年は、円楽伊集院光二人会を開催するなど、夢のような時間を過ごすことができました。「回復したら博多と札幌でまたやろうぜ」と約束していたのに、この文章を大人としてきちんとした定番の追悼の言葉でしめるべきなのでしょうが、まだ頭の中が整理できず、まとめることができません。もう少し心の中で師匠と会話をしてから、いろいろ話させてください。

伊集院光

 

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

error: Content is protected !!

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.