飯塚幸三被告、2年経ってもまだ子供のような言い訳をしてしまう… - BUZZBUZZ-net

話題

飯塚幸三被告、2年経ってもまだ子供のような言い訳をしてしまう…

池袋暴走事故から2年の時が過ぎましたが、未だ飯塚被告の裁判は平行線を辿っています。

6/21に東京地裁で開かれた刑事裁判でも、闘う姿勢は変えようとはせず、自身には瑕疵が無く、全て車の誤作動であることを主張し続けました。

 

 

 

飯塚被告「車は再起動したら直った…」

東京・池袋で2019年4月、暴走した車に松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女莉子(りこ)ちゃん=当時(3)=がはねられて死亡した事故の刑事裁判は21日、東京地裁で開かれた。

自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(90)は、「再起動すると元に戻って正常に機能することがある。そのような事例ではないかと思っています」と主張し、自身が主張する車の不具合が警察による事故後の調査で見つからなかったことと矛盾しないという趣旨の主張をした。

遺族の松永拓也さん(34)が質問したのに答えた。
質問で松永さんは「(事故の際に)あなたはブレーキを踏んだのは絶対に正しいと認識していますか」と尋ねると、飯塚被告は「はい」と即答した。


さらに松永さんが「電子制御のアクセルとブレーキが同時に壊れたから発生したという主張だと理解してよいですか」と尋ねると、飯塚被告は4秒沈黙した後、「電子制御は時々、不具合が起こることがあって、私どもも経験をよくすることですけど、再起動すると元に戻って正常に機能することがある。そのような事例ではないかと思っています」と述べた。

引用元:東京新聞

遺族からの直接の質問に対しても無罪を主張し続け、2年経ってもなお遺族の言葉は一切心には刺さらないようだ。

この反応を受け、松永さんはこうコメントしています。

 

「2年間変わらなかった」

「彼には刑務所に入ってほしい」

「加害者を心から軽蔑した」

 

矛盾だらけの供述を続ける飯塚幸三氏、事故から2年が過ぎ今月90歳を迎えた。

果たして彼の命が燃え尽きる前に、この裁判に白黒をつけることが出来るのであろうか…

遺族の気持ちを思うと非常に胸が苦しくなります…

是非この現状を多くの方に知っていただくためにもシェアお願いします。

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

あなたにおすすめ

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.