3歳娘を放置死させた女、育児放棄の罪から逃れるためにありえない供述を語った。その身勝手すぎる言動に怒りで声が震える…… - BUZZBUZZ-net

話題

3歳娘を放置死させた女、育児放棄の罪から逃れるためにありえない供述を語った。その身勝手すぎる言動に怒りで声が震える……

 

3歳女の子が8日間もの間放置され死亡した事件、逮捕後の母親からは既に何度か聞き込みがあったのであろうか新たな供述が上がってきた。

その内容があまりにも身勝手すぎると世間を騒がせています。

 

 

 

 

事件の全容

  1. パチンコや飲みに行くために娘を放置し始める。(事件前は最大3日間の放置を行う)
  2. 鹿児島の男と会うために8日間家を空けるが、娘は家に取り残す。
  3. 娘は部屋の一室に閉じ込められ飲まず食わずで餓死する。
  4. 帰宅した母親は娘が死亡しているにも関わらず更にそのまま放置⇒おむつを替える等し、育児放棄した証拠を隠蔽しようとする。
  5. 元旦那に電話をすると119番通報するよう促され、ようやく通報。
  6. 逮捕。
  7. その後の供述で……

 

新たな供述はあまりにも身勝手すぎる者だった

 東京都大田区のマンションの一室で6月、女児(3)が飢餓と脱水で死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された居酒屋従業員梯(かけはし)沙希容疑者(24)が警視庁の調べに対し、知人男性の住む鹿児島県に8日間滞在した経緯について、「もっと早く帰りたかったが、飛行機が取れなかった」と供述していることが捜査関係者の取材でわかった。

 梯容疑者は当初からこの期間の休みを勤務先に届けており、帰りの便が予約できない状況にもなかったという。警視庁は、もともと長期滞在を計画していたのに正当化しようとうその説明をしているとみて、経緯を詳しく調べている。

 捜査1課などによると、梯容疑者は6月5日、長女稀華(のあ)ちゃんを自宅に1人放置し、鹿児島県を訪問。予約していたホテルの宿泊を、自らすすんで現地でさらに延長し、13日午後に帰宅したという。

 母子宅の玄関付近を映す防犯カメラに残っていた記録では、帰宅までの1カ月半ほどの間、稀華ちゃんの姿は梯容疑者に抱かれて出入りするのが5月上旬の深夜に映っていたほかは、1度も確認できなかったという。警視庁は育児放棄が常態化していたとみている。

娘を8日間放置するつもりはなく、「もっと早く帰りたかったが、飛行機が取れなかった」と新たに供述しているようだ。

死亡した娘を発見するも隠蔽工作に走っていたことを考えるとやはりこれも後付けの話としか考えられないのはしかたないだろう。

今後もこの事件からは目が離せなそうだ。なによりこの様な事件が二度と起こらないことを願うばかりです。

是非この記事が良いと思いましたらシェアお願いします。

 

Facebookで当サイトへ
「いいね!」いただけましたら幸いです。

-話題

Copyright© BUZZBUZZ-net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.